口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

元気なうちに写真館で遺影を撮ってもらおう

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/22
    

遺影に使う写真はどのようなものにしたいでしょうか。

おそらく多くの人は亡くなった遺族のものについては準備のため考えたことがありますが、自分のことはあまり深く考えていないかもしれません。

そこで生前のうちから考えておくと良いでしょう。

 

元気な写真を生前のうちに残そう

そこで生前のうちに遺影に使う写真を用意しておきましょう。

このときに大切なことは元気なうちに写真を撮っておくことです。

おそらく故人になってから、生前のその人を連想するときに最も意識するのが遺影です。

アルバム等を見返すこともありますが、一般的には多くの人はそこまでアルバムを見る機会はないでしょう。

ですが、お盆の時期等で親戚のうちに行けば遺影をみる機会があります。

ですので、これは年に何度か親族の目に触れることになるでしょう。

そのときに写真が悪ければ、自分がなくなった後の自分の印象が悪くなってしまう可能性があります。

いかにも嫌な人間の顔つきをしていれば、生前もそんな感じだったな、という気がしてきて嫌な思い出を思い出してしまうかもしれません。

逆に良い顔つきをしていれば、生前は素敵な人物だったと思われることが多いです。

ですので、自分の今後のためにも、元気な写真を残すようにしておきましょう。

 

体調が悪くなってから写真撮影をしても遅い

元気な写真を取るためには、体調が良いうちに写真をとっておく必要があります。

自分が亡くなる直前になってあわてて写真を撮影しても、あまり良い写真は取れません。

体調が悪い状態では、どうしても顔色が悪くなってしまい、写真うつりが悪くなってしまいます。

特に亡くなる時が近づいてくると、どうしても食欲が低下してしまいます。

そうなると体だけではなく、頬の辺りもげっそりとしてしまい、生気が感じられない顔つきになってしまいます。

もっと困ることは、体調が悪ければ、そもそも写真撮影自体が困難であることです。

ベッドで寝たきりがやっとで、トイレも苦しい状態になってしまえば、写真撮影どころではありません。

写真館に行きたくても、体力的にもはや不可能になってしまってしまえば手遅れです。

こうなってしまう前に、まだ普通に歩けるうちに健康的な姿で写真を撮影しておくことが大切です。

 

よい思い出を作ろう

写真を残しておくことは、残された親族のみならず自分にとっても良い思い出になります。

死が近づいてくれば、家族と一緒に過ごせる時間も限られてきてしまいます。

家族も日常は仕事がありますし、いつでもそばにいることはなかなか難しいでしょう。

そこで遺影を撮ることを理由にして、家族と話す機会を作りましょう。

遺影の撮影は自分だけでは良し悪しを判断するのが難しいかもしれません。

それに実際に遺影を見るのは残された家族です。

そこで、遺影を撮影するが、ちゃんと撮影できているかチェックしてほしい、という理由を付けて家族を集めましょう。

こうしておけば家族と過ごす貴重な機会を作ることができ来ます。

もちろん忘れてはいけないことは自分の体調です。

体調が悪くなってしまえば、こうしたこともできなくなってきてしまいます。

まだ元気のあるうちに行うようにしましょう。

 

自分が亡くなった後のことも考えて遺影は生前のうちから計画的に用意しましょう。

ここで大切なことは自分がまだ元気なうちに撮影をしておくことです。

元気な写真を残せれば、自分の印象が良くなりますので、死後も大切に扱ってくれます。

また、体調が悪くなれば、そもそも撮影自体が困難になってしまいますので、注意する必要があります。

せっかくですので自分がまだ元気なうちに写真撮影を通じて家族との時間を作りましょう。

写真のチェックのため家族を集めれば、人生の貴重な思い出にもなります。