口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

マタニティフォトを撮るなら!人気上昇中のベリーペイントをしよう!

公開日:2022/09/01  最終更新日:2022/08/10
    


妊娠中の記念にマタニティフォトを撮る人も増えていますが、おなかに絵を描いたベリーペイントも最近人気です。この記事ではマタニティフォトを検討している方の参考になる、ベリーペイントに最適な時期やよくある疑問についてなど、ベリーペイントの基礎知識についてご紹介します。

安産祈願にもなるベリーペイントとは

ベリーペイントのべリーとは、ベリーダンスのベリーと同じでおなかを意味しています。ベリーペイントには、妊婦さんのおなかに絵を描くことで、元気な赤ちゃんが生まれてくることを願う安産祈願のおまじないの意味も込められているのです。

また、おなかに絵を描いてもらうことでヒーリング効果も得られます。妊娠中は何かと体の不調に悩まされイライラしたりもやもやしたりすることも多いですが、ベリーペイントをすることはストレス解消にもつながります。ベリーペイントはマタニティフォトの提携スタジオや、自宅、アーティストの自宅サロンなどで描いてもらえるのです。

スタジオ撮影の場合はプロのカメラマンによる撮影とセットになるので、クオリティの高いマタニティフォトを撮れます。自宅で描いてもらうケースは移動がない分からだに負担をかけることがありません。ペイントアーティストと、カメラマンを別々に手配したり、交通費がかかったりするためスタジオよりは割高になることが多いですが、自宅のリラックスした雰囲気でベリーペイントができるのが魅力です。アーティストの自宅サロンの場合は自分のカメラか、カメラマンを別途手配、アーティストがカメラの技術もある場合は一緒にお願いすることもできます。自分に合ったベリーペイントの方法を選んでみてください。

ベリーペイントを行うのに適しているのはいつ?

ベリーペイントにもっともよい時期は、マタニティフォトと同様におなかがまん丸になる妊娠8か月~9か月ごろといわれています。余裕をもって1か月前までには予約をしておくとよいでしょう。

ベリーペイントに関するよくある疑問を解消

洋服を着たまま絵を描いてもらうのであれば、おなかを出しやすいよう上下セパレートの服がおすすめです。ベリーペイントにはボディペイント用の水性絵具を使用して絵を描きます。水性絵具は服につきやすいので汚れてもよい洋服を選びましょう。アレルギーなどが心配な場合は事前にパッチテストをすることもできるので、相談してみてください。

ペイントの所要時間はだいたい30分~1時間程度です。描いてもらった絵は汚れてもよい服や腹巻などで保護してそのまま帰宅することもできますが、絵具が水性のため絵は落ちやすく、長期間にわたって絵を残すことは難しいです。逆に撮影後すぐに絵を落としたい場合は水で洗うかウェットティッシュで拭けば簡単にオフできます。描いてもらう絵は用意された見本から選んだり、自分で好みのモチーフをリクエストしたりすることもできます。

赤ちゃんが男の子なら空や地球、海など、女の子ならハートや季節のお花などの可愛らしいモチーフを入れてもらうのもおすすめです。コウノトリやイルカといった動物、妊娠週数などを入れる方も多いです。夫婦の思い出の場所や共通の趣味など自分たちらしいモチーフを選ぶ方もいます。

ベリーペイントの価格はアーティストの自宅サロンでペイントする場合、新人アーティストで6,000円~、経験豊富なアーティストは1万1,000円~1万3,000円程度が相場です。出張対応しているアーティストもいるので、自分好みの絵を描いてくれるアーティストを探してみてもよいでしょう。

まとめ

ベリーペイントをインターネット検索すると、色々なデザインのペイントデザインが見られます。どんなデザインにするか考えるのも楽しい時間になります。こちらで紹介した内容も参考に、ベリーペイントで妊娠中の素敵な思い出を残してみてはいかがでしょうか。