口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

横浜の写真館でお宮参りをするときの前日の準備と当日の注意点

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/11/26
    


お宮参りとは、産土神に赤ちゃんが無事に産まれたことを報告し、感謝するために赤ちゃんの氏神様が祀られている神社に参拝することをいいます。地域や風習によって多少の違いはありますが、一般的には男の子は生後31日か32日目に、女の子は生後32日目か33日目に行うと良いと言われています。

お宮参りの前日に準備しておきたいこと

お宮参りは、生後1ヶ月ごろに初めて行われます。住んでいる土地や赤ちゃんが産まれた場所の氏神様が祀ってある神社に参拝します。近所の神社で問題ありませんが、最近では崇拝しているお気に入りの神社やご両親の出身地の神社などを参拝する人も増えているそうです。

赤ちゃんを連れての初めての大きなイベントなので、前日にしっかり準備をしてゆとりをもって行動したいものです。そのため、衣装の準備や最終的な確認は前日に行っておくようにしましょう。

お宮参りに使われる衣装は、正式には妻の実家が送ったお祝い着を使います。お祝い着は、普段は袖を通すことのない着物であることが多いため、必要な小物が欠けていても気が付かないことがあります。当日ばたばたしないためにも、しっかりと確認しておくとよいでしょう。

また、赤ちゃんが産まれてから少ししか経っていないので、車での移動を考えていることが多いです。現地に到着したのに駐車場がない、ということがないように事前に駐車場の確認をしておきましょう。

お宮参り当日の流れと注意すること

お宮参り当日、神社に着いたら車の中で赤ちゃんにお祝い着を着せて、参拝をします。氏神様の前で赤ちゃんが無事に産まれた報告と感謝の意を示します。

神社でのお参りの仕方は、普段の参拝の仕方で問題ありません。予約が必要な神社の場合、祈祷やお祓いを受けて祝詞をあげてくれるところもあります。その場合には、お宮参りの祈祷料を払う必要があるので、お金を白い封筒か祝儀袋に入れて持参します。

神社への参拝が終わると、地方によって違いはありますが両家のご家族そろってお食事の席を設けたりすることがあります。また、写真館での撮影を予約し、家族写真を撮影する家族も増えています。

お宮参り当日の注意点は、授乳は赤ちゃんが正装をする前に済ませておくようにすることです。赤ちゃんはお腹がすくと機嫌が悪くなるため、できるだけ機嫌の良い状態で氏神様への参拝や祈祷を行うとスムーズにお宮参りをすすめることができます。

赤ちゃんを連れての初めてのイベントという方も多いためつい慌ててしまいがちになりますが、授乳とオムツ替えのタイミングを考えて行動することが、当日落ち着いて行動するためのポイントです。

横浜の写真館でお宮参りの記念写真を撮影しよう

横浜の写真館では、赤ちゃんの大切なイベントの一つであるお宮参りの記念写真撮影を行うことができます。素人がステキな写真を撮るというのは意外と難しく、記念に残る写真はプロに撮ってもらいたいものです。最近では、スマホでも簡単に写真が撮れますが、光の加減や構図は難しくやはりプロが使うカメラや技にはかないません。

横浜の写真館では、ステキな着物を着て写真を撮ることができたり、実際に神社でロケーション撮影を行えたりするところなどもあります。実際に屋外で撮影しようと思うと、素人では天候の影響や光の加減を強く受けるためうまく写真が撮れないことがありますが、プロのカメラマンが使用する一眼レフカメラであれば逆光の条件でもある程度黒つぶれを防ぐことができます。

また、プロのテクニックで、曇り空の暗所での撮影でもそれに対応した対策を行なってくれます。 もちろん、屋外だけでなく写真スタジオでもいつもとは違う特別な1枚を撮ることができます。一生に一度しかないお宮参りを、横浜の写真館で最高の形で残してもらうのはいかがでしょうか。

 

お宮参りは、赤ちゃんにとって一生に一度しかない大切なイベントです。産まれて初めての大きなイベントなので、当日慌てることがないように前日の準備をしっかり行うようにしましょう。

また、当日には、事前に授乳やオムツ替えを済ませて、できるだけ赤ちゃんの機嫌が良い状態で参拝や祈祷を行えるようにすることをおすすめします。