口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

パスポート写真は写真館がおすすめ!依頼するメリットを紹介!

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/06/09
    


パスポートは海外で唯一の身分証明書ですので、旅券用写真は本人確認を行う上で非常に重要な役割があります。作成には顔写真の用意が必要となりますが、規定に従い、失敗なく長く使えるキレイなパスポート写真を撮るために、写真館を利用するのもよいでしょう。今回はパスポートの写真を写真館に依頼するメリットについてご紹介します。

写りがキレイ

パスポートの有効期限は0歳から19歳は5年。20歳以上は5年もしくは10年。長い期間、同じ写真を使用することになります。となると、写りが悪い写真を長くは使用したくないというのが多くの方の本音でしょう。そこでおすすめしたいのが写真館での撮影です。

せっかくならプロにキレイな写真を撮ってもらい、気分よくパスポートを作りましょう。実は基本的にパスポート写真は画像加工が禁止されているため、加工なしでもキレイに見せるには、経験豊富なプロのカメラマンに依頼するのが得策なのです。写真館では、そんなプロの方に撮ってもらえるうえに、自分では気づかない姿勢のゆがみや程よい笑顔のアドバイスもいただけます。

何度でも取り直しが可能

パスポート写真を撮る際に多くの方がまず考えるのは、「どこで撮ろうか?」ということです。思いつくのはコンビニやスーパーなどにあるセルフの「スピード写真」かもしれません。人と接することなく、ひとりで操作して短時間かつ安く手軽に写真を撮ることができます。料金は1シート6枚セットで700円から1,000円程度。最近ではスマホへデータをダウンロードしたり背景画像を変更したりなどのサービスも提供されています。データダウンロードの価格は1,500円ほどが相場です。

ただ、スピード写真の大きなデメリットとして、写真を撮る回数が決められています。失敗したからといって、何度も写真が撮れるというわけではないのです。対して、写真館では納得がいくまで何度も撮り直しが可能です。写真館で証明写真を撮影する場合の価格はおよそ1,500円から2,500円ほど。写真館によってはCDにデータを焼いてくれるサービスもあります。

サイズや写り方で失敗しない

パスポートは海外で使用できる唯一の身分証明書ということもあり、サイズなどの規定がかなり厳しくなっています。ここで正式な規格を確認してみましょう。

パスポート用写真の規格

・縦45mm、横35mm
・顔の寸法(頭のてっぺんから顎まで)32mmから36mm
・顔の中心から写真の両端までは15mmから19mm
・無帽で背景(影を含む)がないもの
・写真はカラーでも白黒でも可

パスポート用の写真として認められないケース

・顔にテカリやムラがあるもの
・カラーコンタクトはNG
・色付きのメガネ、サングラスをかけたもの
・メガネのフレームが目にかかっているもの
・帽子や幅の広いヘアバンドで頭部の一部が隠れているもの
・極端に笑うなど表情が平常と著しく異なるもの

意外に写真のサイズだけではなく、写っている顔の大きさやテカリなどたくさんの規定があります。これだけのことを意識しながら自身で失敗しないように撮影するのは難しいため、失敗がなく、撮り直しが可能な写真館での撮影がおすすめです。

 

パスポートの写真はたくさんの規定があり、規定から外れていると撮り直しになることもあります。5年または10年という長い期間使用するものですから、納得のいかない写真を使ってしまうと、パスポートを見るのが嫌になってしまいますよね。この機会に納得のいくキレイな写真を信頼のできる写真館でプロに撮ってもらって見ませんか?何度も見てみたくなる、お気に入りの写真の入ったパスポートで海外旅行を楽しみましょう。