口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

マタニティフォトは写真館で撮影するのがおすすめ!その理由とは?

公開日:2021/11/01  最終更新日:2021/12/20
    


最近、耳にするようになった方も多い「マタニティフォト」。妊娠中の姿は残したい気持ちもあるけれど、なんだか恥ずかしいし、実際に撮るメリットや何を着てよいかわからない、そもそも写真館で撮る必要があるの?等と疑問に思っている方も多いはずです。今回は、そんな疑問をわかりやすく解説します。

マタニティフォトを撮影するメリット

妊娠中という限られた時間を形にして残すことができるマタニティフォトは、海外のセレブたちの間から始まり、今では多くの方々に人気の写真撮影となっています。新しい命を授かった奇跡と今しかない神秘的な体のラインを、形に残しておきたいと思う方も多いのではないのでしょうか。

お腹の中で動く赤ちゃんの胎動を感じながらの撮影。それは妊娠中の女性にとっても家族にとっても、他とない特別な時間になるかと思います。日々変化してゆく身体を、ゆっくりと客観的に見つめる体験は、幸せを感じることでしょう。また、生まれる前までの愛情を我が子へ残す手段として、将来子どもが大きくなった時に写真を見ながら当時のことを語らうきっかけとしてもおすすめです。

マタニティフォト撮影時に着用する服装選びのコツ

マタニティフォトのメリットがわかりいざ撮影、と思ってもどんな服装で撮影に挑めばいいのでしょうか。マタニティフォト撮影時に着用する服装選びのコツについてご紹介します。

ドレススタイルで神秘な雰囲気を出したい場合

ウェディングフォトのように、柔らかいけれどエレガントにまとめたい方におすすめなのがドレススタイル。ドレスを選ぶことで、純粋さや潔白さ神秘さが伝わり、神聖な雰囲気のマタニティフォトを残すことができます。チュール等の柔らかい素材の生地が多いので、お腹を出して撮影したくない場合でもお腹のフォルムを出して撮影できることも魅力です。

普段のカジュアルな雰囲気を出したい場合

自然体で飾らない、カジュアルな雰囲気で撮りたい方におすすめなのはドレスよりもカジュアルな私服での撮影です。日常的な普段の雰囲気を出した写真を残すことができます。中でも、チューブトップにデニムを合わせるスタイルは、お腹をさりげなく強調できるのでおすすめです。また、旦那さんとお揃いのスタイルや夫婦の好みに合った衣装であれば、写真に統一感や自分たちらしさが出てより温かみのある写真となります。

マタニティフォト撮影時におすすめのヘアースタイル

次に、マタニティフォト撮影時におすすめのヘアースタイルについてまとめました。

ロングヘアにおすすめは適度なゆる感

優しいナチュラルな雰囲気が主流のマタニティフォトでは、かっちり作り込みすぎないヘアースタイルが似合います。ロングヘアの方へのおすすめは、ゆるめのハーフトップでおくれ毛をだしてみるなどして、抜け感をだすと柔らかい印象となります。他にも、ボリュームのある三つ編みのフィッシュボーンも柔らかさと華やかさにプラスして小顔効果があるのでおすすめです。

ショートボブであれば小物でアレンジがおすすめ

ショートボブなど、髪を縛るのが難しい場合は、花冠やリボン、バレッタなどのヘアアクセサリーを使ったり、編み込みをしたりするヘアースタイルがおすすめです。ヘアアクセサリーを使うことでさらに華やかでかわいい写真を撮ることができます。服装の雰囲気に合わせて、小物を選びましょう。

マタニティフォトは写真館で撮影するのがおすすめ!

自宅で撮影することも可能なマタニティフォト。自宅で自由に撮影できるところが魅力ですが、柔らかさを出すための光の調整などの細かい演出が難しいこと、夫婦写真や上の子どもとの家族写真を残すことが難しいことがデメリットです。

お腹を出した撮影なので人目が気になることかと思いますが、とくにハウススタジオであればプライベート空間が確保されている場合が多いのでリラックスして撮影ができます。また、季節や天候に左右されない写真館は、撮影できる期間が限られているマタニティフォトにとって、スケジュール通りに安心して撮影ができるという点でもおすすめです。

 

マタニティフォトについて、いかがだったでしょうか。出産後、授乳やおむつ替え等の慣れない育児の中、お腹が大きかった時の写真を見て元気をもらったり、我が子の成長を感じたりするかと思います。一生の思い出となる愛情たっぷりの素敵なマタニティフォトを、一生の思い出として残してみてはいかがでしょうか。