口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

写真館で撮影してもらえるニューボーンフォトとは

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/04
    

生後間もない赤ちゃんの写真を記念として撮影することを「ニューボーンフォト」といいます。近年身近な存在になりつつあるため、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。写真館でもニューボーンフォトのプランを扱っているところが増えましたが、メリットだけではなく注意しておかなくてはならない点もあります。

特徴を理解し、納得したうえで撮影してもらうか判断する必要しましょう。写真館でプロのカメラマンに撮影してもらう機会はそう頻繁にあることではないからこそ、赤ちゃんが産まれたときには視野に入れて考えてみるべきです。

ニューボーンフォトの特徴について

ニューボーンフォトとは、生後三週間程度までの産まれて間もない赤ちゃんを写真として記念に残すことです。ニューボーンフォトのベストなタイミングは、「生後一週間から二週間」と僅かな期間。産まれたばかりの赤ちゃんの成長は早いため、本当に「産まれたばかり」と感じられる写真を残せる期間は非常に短いのです。

ニューボーンフォトは病院や自宅で、自分たちの手で撮影することもできます。しかし写真館で撮影してもらえば、素人が撮影したものとは一味違うクオリティーの高い写真を思い出として残すことができます。基本的には出張撮影で、自宅に来てもらうケースが多くなっています。

ニューボーンフォトの撮影のメリットや流れ

ニューボーンフォトは産まれたばかりのわずかな期間しか見られない赤ちゃんの表情や小ささなどを写真に残すことができます。言葉が通じる年齢ではない子どもには、ポーズや表情の指示はできません。自分たちの手で写真を撮るのももちろん素敵ですが、プロに撮影してもらうことで、思いがけない素晴らしい写真が撮れることもあります。

また、産後のお母さんの心の励みになるのも、ニューボーンフォトの良い点といえるかもしれません。子供を産むのはもちろん、生後間もない赤ちゃん育てることは想像以上に大変です。そんなとき、産まれたばかりの我が子の写真を見ることで、改めて子どもが産まれた喜びを感じられます。

ニューボーンフォトの撮影を写真館に依頼する際には、早い段階で相談し予約しておくことがポイントです。産まれて間もない姿の期間はあっという間であり、赤ちゃんはみるみるうちに大きくなっていきます。

写真館の予約がいっぱいで撮影が先延ばしになってしまうと、希望している産まれたばかりの姿を写真に残すことはできなくなってしまうので気をつけましょう。写真館やカメラマンの中にはニューボーンフォトを扱っていないケースもあるので、依頼できるか確認しておくことも大切です。

注意しておかなくてはならないポイント

産まれたての赤ちゃんは非常にデリケートであり、特別な配慮が必要です。また、生後一ヵ月程度までの期間は赤ちゃんを外に連れ出すことが難しいことから、ニューボーンフォトは自宅での出張撮影が多くなっています。

「カメラマンがニューボーンフォトの撮影に慣れているか」「信頼できるのか」といった基本的な部分から、「プラン内容には無理がないか」など金額面での確認も忘れないようにしましょう。赤ちゃんはもちろんのこと、子どもを産んだばかりのお母さんの体調も考慮して決める必要があります。サービス内容に注目し、お母さんも赤ちゃんも無理のない範囲内で撮影してもらうようにしてください。

 

写真館に依頼するニューボーンフォトは生後間もない特別な瞬間を、プロのカメラマンに撮影してもらうことになるので、その瞬間しか残せない特別な写真を手にすることができます。プロのカメラマンによる撮影という点は確かですが、ニューボーンフォトの撮影に慣れているのかチェックし、しっかり打ち合わせをしたうえで判断するようにしましょう。

「産まれたばかり」という神秘的であり、一生に一度の二週間程度の期間にしか撮影できない特別な写真です。無理をしない範囲内で撮影するようにし、信頼できるカメラマンに任せることがポイントとなってきます。