口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

写真館で就活時の証明写真を撮影する際に用意するべき物とは?

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/12/20
    


「大企業や人気の会社に入りたい」「就活でライバルたち差をつけたい」と思ってはいませんか?本記事では、就活のときに利用する証明写真を写真館で撮影するメリット・デメリットを解説します。撮影の際に用意すべきものもお伝えするので、就活で希望する企業からの内定をもらいたいと考える方は、ぜひ参考にしてください。

就活時の証明写真を写真館で撮影するメリット

まずは、就活時の証明写真を写真館で撮影するメリットについて確認していきましょう。

その人を感じさせるよい写真が撮れる

光の当たり具合や、顔の凹凸や表情がでて、どんな人かを感じさせる写真が手に入ります。写真機で撮った表情が硬く、のっぺりとした写真とは全然違います。免許証の写真の無表情さと、選挙ポスターの立候補者の表情をイメージしてください。それくらいの違いがある写真が撮れます。

実物の写真とデータでもらえる

写真もデータで手に入るため焼き増しも可能です。パソコンで履歴書をつくる際も、データで写真貼ることができます。たくさんの企業に応募するのなら、写真データがあると楽でしょう。

ほかの就活生と差をつけられる

写真館で就活の証明写真を撮影する最大のメリットは、プロにお金を払ってでも撮ってもらうことそのものです。なぜなら、履歴書の小さな写真にまで気を配る就活生がほとんどいないからです。採用市場は超がつく激戦市場です。採用にこぎつけるまでに、あなたにはどれだけライバルがいるか考えたことはありますか?大きな企業や人気の企業など、いわゆる一流企業になればなるほど、ライバルが増えます。

しかも高学歴の強いライバルたちです。それぞれが難関大学に入り、卒業する戦略を持った就活生です。そんな彼ら彼女らでも、実際に企業の面談までたどり着くのはほんの一握りです。多くが書類審査という紙一枚で、判断され落とされます。多くの就活生が履歴書で興味をもってもらえず、埋もれていくのです。想像してください。企業の人事担当者が、何十枚の履歴書に目を通しています。

そこには、証明写真機で撮った硬い表情の少しのっぺりとした顔が並んでいます。そこにあなたの人間性を感じさせる写真が一枚。担当者は誰に興味をもちやすいでしょうか?もちろん写真だけで、合否が決まるなんてことはありませんが、多くのライバルと差をつけるのなら、時間とお金をかけてプロに撮ってもらう価値はあるでしょう。

就活時の証明写真を写真館で撮影するデメリット

では逆に、デメリットとしてあげるならどのようなことがあるのかまとめました。

料金が高い

証明写真は写真機で撮るとだいたい800円前後です。それに比べると写真館撮影は約1万円前後と割高に感じることでしょう。初期費用でいうと、写真館で撮った場合は10倍以上かかります。費用が高いというデメリットはあります。

写真を人に撮ってもらうのがムリ!

もしあなたがプロに撮ってもらうのは緊張する、恥ずかしい、カメラマンが合わない人だったら嫌だなど、どうしてもゆずれない無理な理由がある場合、写真館での撮影は向いていないでしょう。その場合は写真機で撮影してください。

写真館で就活時の証明写真を撮影する際に用意するべき物

写真館で就活時の証明写真を撮影する際は、まずスーツを用意しましょう。そして男性ならひげ剃り、女性なら使い慣れた自分のメイク道具などを持って行ってください。しかし、それらは写真館で用意されている場合も多いので、事前に必要か依頼する写真館へ確認することをおすすめします。

 

就活を成功させたいなら、証明写真は写真館で撮影することをおすすめします。写真一枚にまで気を配れるということは、いい人材を探している人事担当者からすると評価ポイントの一つです。少なくとも、マイナス評価にはなり得ないでしょう。ですので、プロに撮ってもらうことはオススメです。まだプロに撮ってもらったことがない人は写真の印象の違いがピンと来ないかもしれませんね。ネットで証明写真の画像調べれば違いの差がわかります。この記事があなたの就活に役立つことを願います。