口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

宣材写真はスタジオで!合格につながるメイクや服選び、表情のコツ

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/15
    


オーディションなどで宣材写真が必要になると、「自撮りではだめなのか」「どのようなことに気をつければいいのか」と疑問もたくさん湧いてきますよね。宣材写真は、フォトスタジオでプロに任せるのが1番です。今回はスタジオ撮影をおすすめする理由から、実際にスタジオに行くまでの注意点について解説します。

自撮りよりも写真スタジオでの撮影がおすすめの理由

結論から申し上げると、宣材写真はフォトスタジオでプロに撮ってもらうのがおすすめです。自撮りではどうしても光の調整が難しかったり、アングルに不備が出たりと、自分の魅力が伝わりきらない可能性が高くなります。フォトスタジオで撮影を依頼すれば、プロのカメラマンがライティングなどを駆使して自分のよさを引き出してくれます。

全身の写真も撮り慣れているので、プロポーションが悪く見えたりすることもありません。表情も美しく見える角度を探して、1番いい瞬間をとらえてくれるでしょう。自分自身も撮られることだけに集中できるため、リラックスして撮影に臨めます。宣材写真はフォトスタジオでも受け付けているところと一切対応していないところがあります。

また、大型のスタジオになると受け付けはしていても実績のないカメラマンが撮影にあたることも少なくありません。そのため、プロフィール写真に自信ありと謳っているようなスタジオや実績が多数確認できるようなフォトスタジオを探してお願いするのがおすすめです。

オーディションに勝つ!メイクと表情のコツ

オーディションなどに応募する際の写真は、ナチュラルメイクが基本です。しかし、これは薄目の化粧をするという意味ではありません。むしろ、流行りのつや肌を作るためにはベースメイクをしっかりと行わなければなりません。肌に自信のないところがある人は全部メイクで隠してください。

その上でポイントメイクはあっさりと、魅力を足すイメージで行います。最後に、ハイライトとシェーディングで立体感を出せればいいですが、慣れていないと返って逆効果を生み出してしまう可能性も少なくありません。

フォトスタジオなら追加オプションとしてメイクをつけられるお店もあります。メイクと撮影、両方に精通した人が行ってくれるので、自信のない方は頼んでみることも考えてみてください。宣材写真は全身とバストアップの2種類を用意するものですが、表情は1枚ずつ変えるのがベターといえるでしょう。

1パターンだけだとその顔しかできないのかと思われてしまいます。歯を見せて笑った表情と少しすました表情など、バリエーションのある2枚を撮影すると魅力がより伝わるはずです。

服選びも重要!知っておきたい色のイメージ

宣材写真を撮るときは、服選びも重要なポイントです。必ずサイズが合っていて、身体のラインがわかるシンプルな服装を選ぶようにしてください。また、女性は中途半端な丈のスカートを履くと太って見えることもあります。できるだけ膝を出した方が全体として綺麗に写るでしょう。

また、服の色から与えられる大まかな印象を確認しておくことも必要です。一例を挙げますと、白は爽やか、ピンクは優しい、赤は華やか、青だとクール、というイメージがつきます。黄色やオレンジを選べば元気な印象に、緑だと穏やかな人物像に、また紫になると上品に見られることができるでしょう。

いずれにしても、自分のイメージや募集されている条件のイメージに合致するものを選ぶことが重要です。迷ってしまった場合は、トップスに白をもってくるのが無難です。男性でも女性でも顔周りがすっきりと明るく見えます。

 

オーディションには、自信も納得する自信のある写真で臨むのが1番です。撮影前に準備することはいろいろありますが、メイクや表情など、フォトスタジオに頼めばカメラマンが相談に乗ってくれることもあります。ぜひフォトスタジオで最高の写真を撮影して、合格につなげましょう。