口コミでも人気!横浜の写真館をおすすめランキングでご紹介します!【七五三や家族写真撮影にも評判のフォトスタジオ!】

写真館でマタニティフォトを撮るのにおすすめの時期は

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/15
    

フォトスタジオを利用して写真撮影をすることは珍しいことではなくなり、あらゆるシーンで利用する人が増えています。近年多くなったのがマタニティフォト。長い人生の中ではごくわずかといえる妊娠中の期間を、写真として記念に残したいと考えるのは自然なことですよね。

写真館で撮影すれば、クオリティーの高い仕上がりになり満足度もアップします。しかしいざマタニティフォトを撮影するとなると、妊娠中のどの時期を選んだら良いかで悩みがちです。撮影のタイミングによって仕上がりにも大きな差が出るため、撮影の予約は慎重にしましょう。

お腹の膨らみが目立つ時期の撮影

妊娠中の女性の身体は神秘的であり特別だからこそ、それがよりしっかりわかるタイミングを選ぶこともポイントとなっています。お腹の大きさには個人差もありますが、妊娠初期や中期となればまだあまりお腹の膨らみは目立たずマタニティフォトとは分かりにくくなってしまいがちです。お腹の膨らみがしっかりとわかるタイミングを選ぶべきであり、8ヶ月から9ヶ月はベストなタイミングと言えます。

定期的に撮影するのも一つの方法

マタニティフォトはいつどのタイミングで撮影しなければならないと決められているわけではなく、撮影しない人もたくさんいます。だからこそ、自由度が高いのも魅力であり定期的に撮影してお腹の膨らみの途中経過を後から見て楽しめるようにするのも一つの手段です。

お腹の膨らみがまだ分かりにくい段階は自分たちで撮影しておき、お腹が目立ってきてから写真館でプロのカメラマンに撮影してもらうこともできます。中には何度か撮影するために写真館を利用する人や、妊娠中と子供が生まれた後に撮影できるセットプランを選択する人も増えています。

注意しておくべきポイントについて

妊娠後期の撮影は、お腹が大きい自分の姿を記録に残すことができます。また、産まれてくる子供が大きくなったときに見せてあげられるのも利点と言えるでしょう。そうなれば出産の直前であり、最もお腹が大きいタイミングで撮影したいと考えるのは当然のことかもしれません。臨月を迎える36週目以降のお腹の膨らみは最も目立つタイミングといえます。

しかし妊娠37週目から出産予定日までは、正産期でありいつ赤ちゃんが生まれてもおかしくありません。そのタイミングになると撮影は断られてしまうケースもあるので、写真館に相談しておくこともポイントとなってきます。いくら思い出に残したいからといって無理をするのはNGですから、しっかり体調と相談して時期を決めましょう。

マタニティフォトの撮影に慣れているカメラマンとスタッフがいるか確かめておき、安心して任せられる先を選ぶように心がけてください。また、妊娠7ヶ月から9ヶ月のベストタイミングで撮影しようと考えていても、七五三やお宮参りなど、写真館が混雑する時期に被ってしまうことがあります。

すると「予約が困難になってしまい結局撮影できなかった」ということにもなりかねないので気をつけましょう。予約は早い段階で余裕を持ってしておくと、安心して撮影に臨むことができます。

 

写真館でプロのカメラマンに撮影してもらうことにより、マタニティフォトをより記念に残る特別なものにすることができます。一般的には7ヶ月から9ヶ月がお腹の膨らみもわかるベストなタイミングとなっていますが、体調に合わせて考える必要があります。

撮影したいと考えているタイミングで必ずしも予約が取れるとは限らないので、早い高いで予約しておくことも大切ということは頭においておくようにしましょう。頻繁に撮影する機会があるものではないからこそ、撮影のタイミングと依頼する写真館選びは慎重におこなうべきです。